RSS | ATOM | SEARCH
現在もタオル募集中・・・そして第二弾は?

ブルー・シート副代表のケーナです。

 

前回の記事を投稿し、タオルの募集を始めてわずか五日。

 

現時点でかなり多くの方から反応がありました。

 

ブログやTwitter、Facebookで、私たちの活動を知った方々から、早速段ボールでタオルが届きました。

 

SNSのつながり、すごいですね!

↑ブルー・シート代表の角田四郎(山梨)

 

皆様が送って下さったタオルを、現地で受け取った方が分かりやすいように、なるべく細かい種類にわけているところです。

 

また、この活動を知った宮古市の方が、ご自身や友人と共に、総勢50名の協力をもとにタオルを集めてくださいました。

宮古も、台風の被害はかなりなものだったと思いますが、地元の人同士の助け合い…

「東北の方々の持つ、つよさ」、感じます!

 

以上、タオル収集の途中報告でした!

ご協力、ありがとうございます。

タオルは現在も募集中です。

9月15日までに山梨に集まったものを、まとめて送ります。

ご不明な点は、ブルー・シートのホームページのメールフォームからお問い合わせください。

 

 

さて、ここからは、今後のお話 です。

 

タオルを送って下さった方からのメッセージで、

「タオルの次に必要になったものも、必ずブログでUPしてくださいね、見てますから!」

といったお言葉を多くいただきました。

 

この言葉、本当にみなさんの暖かい気持ち、伝わります。

 

 

再び、現地の知人に連絡をとりました。

角田「タオルの次に必要になるものは?」

 

「街の役員も、もちろん被災者自身も、マスクを必要としています」

 

その理由に、なんとも言えぬ恐怖を感じました。

 

「街中・家中に流れ込んでいる土砂が、乾いてパリパリになり、風もないのに、常に空気中を細かい砂が待っているんです。

 

とにかく喉がイガイガしますね。

 

子どもやお年寄りも外を出歩くのを躊躇(ちゅうちょ)してしまうくらい、空気が汚いです。

 

岩泉には、ブルー・シートの皆さんも知っている通り、大きな『薬王堂』というドラッグストアがあって、やっと営業を再開しましたが、品薄状態です。マスクはいくらあっても助かります」

 

なるほど、現地の人にしかわからない恐怖だなと感じました。

 

ただの泥ではない。何から何まで押し流してきた、いろんなものが混ざり合った土です。

 

そんな得体のしれない土が、乾いて細かく空気中を浮遊している。

 

考えただけでも恐ろしいです。

 

ということで、第2弾では、マスクを集めたいと思います。

 

会社や友人関係にお声かけをしようと思っている方は、参考にしてください。

 

引き続き、タオルの募集と、送料にあてる金額の募金を並行して行います。

 

皆様のご協力を、お願いいたします。

 

 

■タオル受け取り(9月15日まで)■

ブルー・シート 代表 角田(つのだ)

〒408-0013

山梨県北杜市高根町蔵原 1859-1

角田四郎 宛て

 

→直接岩手に届けたい方へ

岩泉の隣町「田野畑村」の村議員さんが、ブルー・シートの代わりに受け口になってくださっています。

住所をお伝えいたしますので、メールフォームよりお問い合わせください。

 

 

■義援金について■
現地への送料として使わせて頂きます。
多く集まった場合は、期日は未定ですが、現地での活動も念頭に入れております。
店番 00八(ゼロゼロハチ)
郵便局記号・口座番号
10090-54711951
「ブルーシート」
宜しくお願いします!!
author:ブルー・シート, category:最新情報, 23:54
-, -, - -